MR2オーナー吉田貴幸のブログ

MR2(SW20)オーナー吉田貴幸のブログ。仕事はITインフラエンジニア。愛車の記事とIT関連の情報を発信しています

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

【Office 365】 [PowerShell] ユーザーの削除 Power Shell まとめ

f:id:takayuki-yoshida:20190106020037j:plain

目次

 

はじめに (Office365へのPowershell接続)

Office365へのPowershell接続を行います。方法は下記のリンクを参照。

www.startpassion.life

 

削除対象ユーザーの一覧取得

次のコマンドで削除対象のアクティブユーザーの UserPrincipalName (UPN) を取得します。

Get-MsolUser -All

 コマンド実行結果(例)

PS C:\Users\xxxx> Get-MsolUser -All

UserPrincipalName DisplayName isLicensed
----------------- ----------- ----------
username@domainname TEST True

 

ユーザーの削除

次のコマンドを実行します。

<Account>は「削除対象ユーザーの取得」で取得した「UserPrincipalName」を指定します

Remove-MsolUser -UserPrincipalName <Account>

コマンド実行結果(例)

※確認は「Y」を入力します

PS C:\Users\xxxx> Remove-MsolUser -UserPrincipalName username@domainname

確認
この操作を続行しますか?
[Y] はい(Y) [N] いいえ(N) [S] 中断(S) [?] ヘルプ (既定値は "Y"): Y

 

ユーザーの削除(確認メッセージなし)

次のコマンドを実行します。

<Account>は「削除対象ユーザーの取得」で取得した「UserPrincipalName」を指定します

Remove-MsolUser -UserPrincipalName <Account> -Force

コマンド実行結果(例)

※メッセージは表示されません

PS C:\Users\xxxx> Remove-MsolUser -UserPrincipalName username@domainname -Force
PS C:\Users\xxxx>

 

削除されたユーザーの一覧取得

ユーザー削除後30 日間の猶予期間内に復元できる削除されたユーザーの一覧を取得するには、次のコマンドを実行します。

Get-MsolUser -All -ReturnDeletedUsers

コマンド実行結果(例)

PS C:\Users\xxxx> Get-MsolUser -All -ReturnDeletedUsers

UserPrincipalName DisplayName isLicensed
----------------- ----------- ----------
username@domainname test False

 

削除済みのユーザーの削除

ユーザー削除後30 日間の猶予期間内に復元できる削除されたユーザーを削除するには、次のコマンドを実行します。

※注意:このコマンドを実行すると削除済みユーザーを復元できなくなります

Remove-MsolUser -UserPrincipalName <Account> -RemoveFromRecycleBin

コマンド実行結果(例)
※確認は「Y」を入力します

PS C:\Users\xxxx> Remove-MsolUser -UserPrincipalName username@domainname -RemoveFromRecycleBin

確認
この操作を続行しますか?
[Y] はい(Y) [N] いいえ(N) [S] 中断(S) [?] ヘルプ (既定値は "Y"): Y
PS C:\Users\xxxx>

 

削除済みのユーザーの削除(確認メッセージなし)

ユーザー削除後30 日間の猶予期間内に復元できる削除されたユーザーを「確認メッセージなし」で削除するには、次のコマンドを実行します。

※注意:このコマンドを実行すると削除済みユーザーを復元できなくなります

Remove-MsolUser -UserPrincipalName <Account> -RemoveFromRecycleBin -Force

コマンド実行結果(例)

※メッセージは表示されません

PS C:\Users\xxxx> Remove-MsolUser -UserPrincipalName username@domainname -RemoveFromRecycleBin -Force
PS C:\Users\xxxx>

 

削除済みのユーザーの削除(UPN重複によりObectIdを指定した削除)

ユーザー削除後30 日間の猶予期間内に復元できる削除されたユーザーで、作成削除を繰り返した場合など、同じUserPrincipalNameが複数存在する場合、ObjectIDを指定して削除する必要があります。

まず、削除済みユーザーのObjectIDを取得するため、次のコマンドを実行します

Get-MsolUser -All -ReturnDeletedUsers | select UserPrincipalName,DisplayName,isLicensed,ObjectID

コマンド実行結果(例)

PS C:\Users\xxxx> Get-MsolUser -All -ReturnDeletedUsers | select UserPrincipalName,DisplayName,isLicensed,ObjectID

UserPrincipalName DisplayName IsLicensed ObjectId
----------------- ----------- ---------- --------
username@domainname test False 849cd099-1273-45a4-ba1d-34ca3f7a1ff5
username@domainname test False 848f8b66-e342-4513-a62d-7f0b24083cfa

 

次にObjectIDを指定して対象ユーザーを削除するため、次のコマンドを実行します

※注意:このコマンドを実行すると削除済みユーザーを復元できなくなります

Remove-MsolUser -ObjectId <ObjectId> -RemoveFromRecycleBin

コマンド実行結果(例)

この例ではObectId「849cd099-1273-45a4-ba1d-34ca3f7a1ff5」を削除します。

※確認は「Y」を入力します

PS C:\Users\xxxx> Remove-MsolUser -ObjectId 849cd099-1273-45a4-ba1d-34ca3f7a1ff5 -RemoveFromRecycleBin

確認
この操作を続行しますか?
[Y] はい(Y) [N] いいえ(N) [S] 中断(S) [?] ヘルプ (既定値は "Y"): Y
PS C:\Users\xxxx>

 

削除済みのユーザーの一括削除(確認メッセージなし)

削除済みのユーザーを確認メッセージなしで、複数を一括削除するには、次のコマンドを実行します。

※注意:このコマンドを実行すると削除済みユーザーを復元できなくなります

Get-MsolUser -All -ReturnDeletedUsers | ForEach-Object -Process{Remove-MsolUser -ObjectId $_.ObjectId -RemoveFromRecycleBin -Force}

コマンド実行結果(例)

※メッセージは表示されません

PS C:\Users\xxxx> Get-MsolUser -All -ReturnDeletedUsers | ForEach-Object -Process{Remove-MsolUser -ObjectId $_.ObjectId -RemoveFromRecycleBin -Force}
PS C:\Users\xxxx>

 

(参考)マイクロソフトページ

docs.microsoft.com

docs.microsoft.com