MR2オーナー吉田貴幸のブログ

MR2(SW20)オーナー吉田貴幸のブログ。仕事はITインフラエンジニア。愛車の記事とIT関連の情報を発信しています

Google Chrome バージョン 78.0.x でエラーで起動ができない問題 まとめ

f:id:takayuki-yoshida:20191026110400p:plain

 

はじめに

Chrome 78.0へバージョンアップして、Symantec Endpoint Protection( SEP )を使用しているとChromeがクラッシュするとの報告がありましたので、情報をまとめます。

 

Symantec社サポート情報

Symantec Endpoint Protection を使用していると Google Chrome バージョン 78.0.x で "このウェブページの表示中に問題が発生しました" エラーが発生する

サポート情報を抜粋します。

原因:

Google Chrome(chrome.exe)78.0.x および Microsoft Edge Chromium 78.0.x ではマイクロソフト社のコード整合性機能が有効になっています。Chrome / Chromium のこの機能と SEP のアプリケーション制御は互換性がありません。

 

エラー発生の条件:

  • ブラウザバージョン
    • Google Chrome 78.0.x (October 2019)
    • Microsoft Edge Chromium 78.0.x
  • いかなるバージョンの SEP がインストールされた Windows Server 2016
  • 14.2 より古いバージョンの SEP がインストールされた、いかなる Windows OS

 

その他情報ページ(暫定回避策)

www.bleepingcomputer.com

以下のいづれかの暫定対応で回避可能とのこと

  • Chromeの起動オプションをつける
Chrome.exe –disable-features=RendererCodeIntegrity
  • レジストリを設定する
Key: HKLM\Software\Policies\Google\Chrome
Name: RendererCodeIntegrityEnabled
Type: DWORD (32-bit)
Value: 0