MR2オーナー吉田貴幸のブログ

MR2(SW20)オーナー吉田貴幸のブログ。仕事はITインフラエンジニア。愛車の記事とIT関連の情報を発信しています

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

【Windows Server 2019】評価版ライセンスの延長方法

f:id:takayuki-yoshida:20190421223552p:plain

 

はじめに

Windows Server 2019 の評価版ライセンスは、有効期限が180日となっています。検証、評価の期間が長引くなどでライセンス期間を延長したい場合に、延長する方法を紹介します。ただし、有効期限の延長には回数の制限があり、最大6回までとなります。※延長は、期間ではなく延長回数の制限です。

 

環境

Windows Server 2019 Standard 評価版ライセンス

 

ライセンス有効期間を確認する

コマンド プロンプトを開き、以下のコマンドを実行します。

※コマンドプロンプトは、スタートメニューの「Windows システム ツール」にあります

※コマンドは、結果を標準出力で表示する場合で紹介します。

※他のコマンドと見分けやすいように、コマンドを黄色でハイライトしています。

※「ライセンス延長回数の確認コマンド」(/dlv)でライセンス有効期間と延長回数を同時に確認することが出来ます」

コマンド

>cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dli

結果

Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

名前: Windows(R), ServerStandardEval edition
説明: Windows(R) Operating System, TIMEBASED_EVAL channel
プロダクト キーの一部: ****
ライセンスの状態: ライセンスされています
時間単位のライセンス認証の有効期限: 94082 分 (66 日)

この場合、有効期限は残り66日となります。(*の箇所はマスキングしています)

デスクトップ画面の右下に有効期限が表示されていますのが、コマンドの場合は分単位で確認できます。

 

ライセンス延長回数の確認

コマンド

>cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dlv

結果

Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

ソフトウェア ライセンス サービス バージョン: *************

名前: Windows(R), ServerStandardEval edition
説明: Windows(R) Operating System, TIMEBASED_EVAL channel
ライセンス認証 ID: *********************************
アプリケーション ID: *********************************
拡張 PID: *****-*****-***-******-**-****-**********-*******
プロダクト キー チャネル: Retail:TB:Eval
インストール ID: ***************************************************************
使用ライセンス URL: ***************************************************************************
検証 URL: ***********************************************
プロダクト キーの一部: *****
ライセンスの状態: ライセンスされています
時間単位のライセンス認証の有効期限: 94079 分 (66 日)
残りの Windows 猶予期限リセット可能回数: 6
残りの SKU 猶予期限リセット可能回数: 6
信頼された時間: 2020/05/05 12:43:28


この場合、残りの延長回数は6回となります。 (*の箇所はマスキングしています)

 

ライセンスを延長する

コマンド

>cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /rearm

結果

Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

コマンドは正常に完了しました。
変更を有効にするにはコンピューターを再起動してください。

OSを再起動します。

 

再起動(コマンド)

コマンドから再起動を行う場合、以下のコマンドを実行します

>shutdown -r -t 0

 

再起動しないままライセンス延長の確認を行った場合(エラー)

なお、再起動しないままライセンス確認のコマンドを入力しても、エラーとなり残り期間の確認ができません。

>cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dli
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

エラー: 0xC004D302 Microsoft Windows (コア以外) エディションを実行するコンピューターの場合、エラーのテキストを表示するには 'slui.exe 0x2a 0xC004D302' を実行してください。

 

ライセンス延長の確認

コマンド

>cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dlv

結果

Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

ソフトウェア ライセンス サービス バージョン: *************

名前: Windows(R), ServerStandardEval edition
説明: Windows(R) Operating System, TIMEBASED_EVAL channel
ライセンス認証 ID: *********************************
アプリケーション ID: *********************************
拡張 PID: *****-*****-***-******-**-****-**********-*******
プロダクト キー チャネル: Retail:TB:Eval
インストール ID: ***************************************************************
使用ライセンス URL: ***************************************************************************
検証 URL: ***********************************************
プロダクト キーの一部: *****
ライセンスの状態: ライセンスされています
時間単位のライセンス認証の有効期限: 259197 分 (180 日)
残りの Windows 猶予期限リセット可能回数: 5
残りの SKU 猶予期限リセット可能回数: 5
信頼された時間: 2020/05/05 13:08:43

リセット可能回数が減り、有効期限が180日になって事が確認できます。

 

参考

docs.microsoft.com