MR2オーナー吉田貴幸のブログ

MR2(SW20)オーナー吉田貴幸のブログ。仕事はITインフラエンジニア。愛車の記事とIT関連の情報を発信しています

Microsoft Endpoint Configuration Manager (MECM) をインストールする

f:id:takayuki-yoshida:20210815024354p:plain

 

 

はじめに

Microsoft Endpoint Configuration Manager(旧SCCM)の評価版を使用してインストールする方法を紹介します。なお、試験/評価環境で構築することを想定していますので、設定などは必要最低限の内容となっております。また、Windows、SQL Server、MECMはすべて評価版を使用します。
 

インストーラーのダウンロード

下記のファイルをすべてダウンロードします。

  • WindowsServer2019評価版

   Microsoft Evaluation Center の Windows Server 試用版

  • SQL Server 2019評価版

   Microsoft Evaluation Center の SQL Server 試用版

  • Microsoft Endpoint Configuration Manager (Current Branch)評価版

   Microsoft Evaluation Center で Microsoft Endpoint Configuration Manager (Technical Preview) を試す

  • Microsoft SQL Server 2019 Reporting Services

   Download Microsoft SQL Server 2019 Reporting Services from Official Microsoft Download Center

  • SQL Server Management Studio (SSMS)

   SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロード - SQL Server Management Studio (SSMS) | Microsoft Docs

   ※日本語版のインストールファイルをダウンロードします。

  • Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK)

   Windows ADK のダウンロードとインストール | Microsoft Docs

   ※「Windows ADK for Windows 10、バージョン 2004 のダウンロード」を使用します

  • ADK 用の Windows PE アドオン

   Windows ADK のダウンロードとインストール | Microsoft Docs

   ※「Windows PE アドオン (ADK 用)、バージョン 2004 のダウンロード」を使用します

 

作業前提

以下の環境構築が完了している前提で、手順を作成しています。

  • WindowsServer2019のインストールが完了していること
  • ActiveDirectoryドメインサービスのセットアップが完了していること
  • 評価版インストーラーのダウンロードが完了していること
  • MECMサーバーのドメイン参加(メンバーサーバー)が完了していること

 

ドメインコントローラーでの設定

System Management コンテナの作成

ドメインコントローラーにAdministratorでログインして、「スタート」メニュー-「Windows管理ツール」-「ADSIエディター」を開きます。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015144p:plain

ADSIエディターを右クリックして、接続をクリックします。次に「ドメインまたはサーバーを選択または入力する」を選択して、ドメイン名を入力し、「OK」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015250p:plain

既定の名前付けコンテキストを展開して、「CN=System」を右クリックし「新規作成」-「オブジェクト」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015302p:plain

「container」を選択して次へをクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015320p:plain

値に「System Management」と入力して「次へ」をクリックします。

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815015340p:plain

「完了」をクリックします。

 

System Management コンテナのセキュリティ アクセス許可の設定

「CN=System Management」を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815015509p:plain

「セキュリティ」タブをクリックして、追加をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015526p:plain

「オブジェクトの種類」をクリックして、「コンピュータ」を選択し、オブジェクト名の入力にMECMサーバーのコンピュータ名を入力して、「名前の確認」をクリックし、次に「OK」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015543p:plain

MECMのコンピュータ名を選択して、「フルコントロール」にチェックを入れます。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015558p:plain

「詳細設定」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210815015610p:plain

MECMのコンピュータ名を選択して「編集」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015625p:plain

「適用先」を「このオブジェクトのみ」から「このオブジェクトとすべての子オブジェクト」に変更して「OK」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015637p:plain

「OK」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015714p:plain

 

MECMサーバーでの設定

インストールファイルの解凍

MECMサーバーにドメインAdministratorでログインします。

「MEM_Configmgr_2103.exe」を実行します

f:id:takayuki-yoshida:20210815020041p:plain

解凍先に任意の場所(例:C:\temp\・・・など)を選択して、「Unzip」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210815020054p:plain

「OK」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210815020114p:plain

 

ActiveDirectoryスキーマ拡張

「スタート」メニュー「Windows管理ツール」-「コマンドプロンプト」を右クリックし、管理者として実行をクリックします。

 f:id:takayuki-yoshida:20210815020212p:plain

次のコマンドを実行します。

cd c:\temp\MEM_Configmgr_2103\SMSSETUP\BIN\X64\

extadsch.exe

f:id:takayuki-yoshida:20210815020231p:plain

「Successfully extended the Active Directory schema.」が表示されれば完了です。

 f:id:takayuki-yoshida:20210815020249p:plain

 

.NET / IISの役割と機能の追加

「スタート」メニューから「サーバーマネージャー」を起動します

f:id:takayuki-yoshida:20210815020416p:plain

「管理」メニュー「役割と機能の追加」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210815020427p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020440p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020450p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020507p:plain

「Webサーバー(IIS)」にチェックを入れます。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020520p:plain

「機能の追加」をクリックし、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020532p:plain

以下の機能にチェックを入れます。

  • .NetFramework3.5 Features-.NetFramework3.5(.NET2.0および3.0を含む)
  • .NetFramework3.5 Features-HTTPアクティブ化
  • .NetFramework4.7 Features- ASP.NET4.7

f:id:takayuki-yoshida:20210815020546p:plain

「次へ」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210815020600p:plain

以下の機能にチェックを入れます。

  • HTTP共通機能-HTTPリダイレクト
  • HTTP共通機能-WebDAV発行
  • セキュリティ-Windows認証

 f:id:takayuki-yoshida:20210815020628p:plain

以下の機能にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

  • 管理ツール-IIS6管理互換-IIS6スクリプトツール
  • -IIS6管理コンソール

f:id:takayuki-yoshida:20210815020656p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020710p:plain

インストールが完了したら、「閉じる」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020722p:plain

 

BITS、RDC の役割と機能の追加

サーバーマネージャーの「管理」メニュー「役割と機能の追加」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210815020901p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020920p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020932p:plain

「次へ」をクリックします。

 f:id:takayuki-yoshida:20210815020942p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020957p:plain

以下の機能にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

  • RDC(Remote Differential Compression)
  • バックグラウンドインテリジェント転送サービス(BITS)

f:id:takayuki-yoshida:20210815021124p:plain

f:id:takayuki-yoshida:20210815021134p:plain

「機能の追加」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021148p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021201p:plain

インストールが完了したら「閉じる」をクリックします。

 

SQLServerインストール

「SQLServer2019-SSEI-Eval.exe」を実行します。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021325p:plain

「メディアのダウンロード」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021341p:plain

「ダウンロード」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021358p:plain

「閉じる」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021411p:plain

「はい」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021423p:plain

ダウンロードしたファイルを右クリックして、「マウント」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021449p:plain

「setup.exe」を右クリックして、「管理者として実行」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021504p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021518p:plain

「SQLServerの新規スタンドアロンインストールを実行・・・」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021532p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021543p:plain

「ライセンス条項と次に同意します」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021602p:plain

「MicrosoftUpdate・・・」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021615p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021626p:plain

「データベースエンジンサービス」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021640p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021651p:plain

SQLServerデータベースエンジンのアカウント名をドメインユーザーに変更して、「照合順序」タブをクリックします。

※画面はアカウント名がローカルになっていますので、ドメインユーザーに変更してください。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021704p:plain

「カスタマイズ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021749p:plain

「SQL参照順序」をクリックし、「SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS」を選択して「OK」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021800p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021811p:plain

「Windows認証モード」を選択して、「現在のユーザーの追加」をクリックし、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021824p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021835p:plain

「閉じる」をクリックします

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815021844p:plain

 

Microsoft SQL Server 2019 Reporting Servicesインストール

「SQLServerReportingServices.exe」右クリックして、「管理者として実行」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021957p:plain

「Reporting Servicesのインストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022008p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022019p:plain

「ライセンス条項に同意する」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022030p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022046p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022235p:plain

「閉じる」をクリックします。

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815022248p:plain

 

SQL Server Management Studio (SSMS) のインストール

「SSMS-Setup-JPN.exe」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022408p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022418p:plain

「閉じる」をクリックします。

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815022429p:plain

 

WSUSインストール

サーバーマネージャーの「管理」メニュー「役割と機能の追加」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022518p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022529p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022540p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022551p:plain

「Windows Server Update Services」にチェックを入れます。

 f:id:takayuki-yoshida:20210815022602p:plain

「機能の追加」をクリックして、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022624p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022635p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022644p:plain

「WID Connectivity」のチェックを外し、「SQL Server Connectivity」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022658p:plain

パスを入力して、「次へ」をクリックします。

(例:c:\wsus)

f:id:takayuki-yoshida:20210815022712p:plain

サーバー名を入力して、「接続を確認する」ボタンをクリックします。[サーバーに正常に接続しました]と表示されたら、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022730p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022743p:plain

「閉じる」をクリックします。

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815022755p:plain

 

Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK)のインストール

「adksetup.exe」ファイルを右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023003p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023026p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023044p:plain

「同意する」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023056p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023109p:plain

インストール完了までしばらく待ちます。

「閉じる」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023128p:plain

 

ADK 用の Windows PE アドオンのインストール

「adkwinpesetup.exe」ファイルを右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022841p:plain

「Next」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022850p:plain

「Next」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022902p:plain

「Accept」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022913p:plain

「Install」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022924p:plain

インストール完了までしばらく待ちます。

「Close」をクリックします。

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815023247p:plain

 

Configuration Manager のインストール

「Splash.hta」ファイルを実行します。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023343p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023353p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023404p:plain

「標準インストールオプションを使用して・・・」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023414p:plain

「はい」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023423p:plain

「この製品の評価版をインストールする」を選択して「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023434p:plain

すべてチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023445p:plain

パスを入力して、「次へ」をクリックします。

※事前にフォルダを作成してください。

(例:C:\temp\MEM_Configmgr_2103\Install)

f:id:takayuki-yoshida:20210815023456p:plain

ダウンロードが完了するまでしばらく待ちます。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023516p:plain

「サイトコード」、「サイト名」を入力して、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023525p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023536p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023546p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023556p:plain

「インストールの開始」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023606p:plain

「閉じる」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023619p:plain

以上でインストール完了です。 

 

参考リンク

  • Configuration Manager のサポートされている SQL Server バージョン

docs.microsoft.com

  •  Configuration Manager ラボの設定

docs.microsoft.com

  • Japan System Center Support Team Blog

docs.microsoft.com

  • Microsoft Endpoint Configuration Manager のドキュメント

docs.microsoft.com

【Windows】グループポリシーの一覧をExcel形式で入手する

 f:id:takayuki-yoshida:20190421223552p:plain

 

はじめに

Windows 10 や Windows Serverの「グループポリシー(GPO)」の一覧がExcel形式で マイクロソフトのサイトに公開されていますので、ご紹介します。

この資料で、Windowsのバージョン毎に追加されたグループポリシーの内容が確認でき、また、ポリシーに応じたレジストリ情報も掲載されていますので、システム管理者の方に役立つ情報だと思います。

  

ダウンロードリンク

下記のリンクからExcel形式でダウンロードできます。※英語版のみ

Group Policy Settings Reference Spreadsheet for Windows 10 May 2021 Update (21H1)

www.microsoft.com

 

 Group Policy Settings Reference Spreadsheet for Windows 10 October 2020 Update (20H2)

www.microsoft.com

 

参考

バージョンごとにExcelファイルが公開されているようなので、上記リンクより新しいファイルを入手したい場合は、マイクロソフトのサイトで「Group Policy Settings Reference」をキーワードで検索してみてください。

https://www.microsoft.com/en-us/search?q=Group+Policy+Settings+Reference

 

【Windows】タスクバーの 天気 を グループポリシー で非表示にする

 f:id:takayuki-yoshida:20190421223552p:plain

 

はじめに

Windows10 の更新プログラムで追加された、タスクバーに天気が表示される機能を、グループポリシーで非表示にする方法を紹介します。

ここでは、ローカルグルーポリシーを使用した設定方法を紹介しますので、ActiveDirectoryのグループポリシーを使用する場合は、管理用テンプレートを更新して、設定してください。

 

グループポリシーエディタを開く

管理者権限を持つユーザーでログイン後、「スタート」メニューを右クリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210617110049p:plain

「 gpedit.msc 」と入力してEnterキーを押します

f:id:takayuki-yoshida:20210617110220p:plain

 

グループポリシーを設定する

「コンピュータの構成」-「管理用テンプレート」-「Windowsコンポーネント」を開きます

f:id:takayuki-yoshida:20210617114311p:plain

 

「ニュースと関心事項」を選択して、「タスク バーのニュースと関心事項を有効にする」を開きます

f:id:takayuki-yoshida:20210617114432p:plain

「無効」を選択して、OKをクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210617114545p:plain


グルーポリシーエディタを終了します。再起動後に有効になります。

以上です。

 

参考

Windows更新プログラム KB5001391

support.microsoft.com

 

Windows10グループポリシー管理用テンプレート

docs.microsoft.com

【Windows】イベントログをエクスポートする(evtx形式)

 f:id:takayuki-yoshida:20190421223552p:plain

 

はじめに

 Windows10のイベントログを、evtxファイル形式でエクスポートする方法です。

 

 

イベントビューアーを開く

「スタート」メニューをクリックして、「Windows管理ツール」ー「イベントビューアー」を開きます

f:id:takayuki-yoshida:20210507163406p:plain


アプリケーションのイベントログをエクスポートする

イベントビューアー画面で、「Windowsログ」をダブルクリックして展開し、「Application」を右クリック、「すべてのイベントを名前を付けて保存」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210507163825p:plain

 保存する場所を選択して、ファイル名に任意のファイル名(例:アプリケーションログ)を入力して、「保存」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210507165339p:plain

 

「これらの言語についての表示情報」を選択して、「日本語」にチェックを入れ、「OK」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210507170247p:plain

以上でエクスポート完了です

 

 

システムのイベントログをエクスポートする

イベントビューアー画面で「Windowsログ」をダブルクリックして展開し、「システム」を右クリック、「すべてのイベントを名前を付けて保存」をクリックします

 f:id:takayuki-yoshida:20210507164800p:plain

 保存する場所を選択して、ファイル名に任意のファイル名(例:システムログ)を入力して、「保存」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210507165056p:plain

 

「これらの言語についての表示情報」を選択して、「日本語」にチェックを入れ、「OK」をクリックします

 f:id:takayuki-yoshida:20210507170229p:plain

以上でエクスポート完了です

 

【WSUS】[PowerShell] WSUSで、更新プログラム一覧をCSVで出力して、更新プログラムを指定して拒否する

f:id:takayuki-yoshida:20190421223552p:plain

はじめに

WSUS(Windows Server Update Services)で、更新プログラム一覧をCSVで出力するPowerShellコマンドの紹介と、出力された結果から更新プログラムを個別に指定してドで拒否するPowerShellコマンドを紹介します。

WSUSは、必要のない更新プログラムを拒否にすることで、CPU負荷の低減、ディスク使用量の低減になり、WSUSサーバーを運用するうえで必ず定期的に行う必要があります。

また、自動や条件指定で一括で拒否にするPowerShellコマンドは情報があるのですが、一旦CSVに出力してExcelなどで更新プログラムを確認してから、個別に指定して拒否する方法があまりなかったので、この方法を紹介します。

 

WSUSの更新プログラム一覧をCSVで出力する

 出力先のパスは適宜変更ください。

PS> #WSUS更新プログラムCSVリスト出力
PS> Import-Module UpdateServices
PS> $wsus = [Microsoft.UpdateServices.Administration.AdminProxy]::GetUpdateServer();
PS> $allUpdates = $wsus.GetUpdates()
PS> $allUpdates | Select-Object Title, @{Name='KnowledgebaseArticles';Expression={$_.KnowledgebaseArticles}},UpdateClassificationTitle, LegacyName,CreationDate, IsApproved,IsDeclined | Export-Csv -Encoding UTF8 -NoTypeInformation -path c:\temp\wsuslist.csv 

 

個別に更新プログラムを指定して拒否済みにする

「LegacyName」を指定して拒否にするコマンド

※「LegacyName」が一意であることを確認してから実行してください。

※CSV出力を行ったコンソールから実行する前提です。

パッチを指定で拒否する(このコマンドのみを繰り返し実行可能)
PS> ($allUpdates | where-object{$_.LegacyName -eq 'q309521_xp_4973'}).Decline()

 

「Title」を指定して拒否にするコマンド

※「Title」が一意であることを確認してから実行してください。

PS> ($allUpdates | where-object{$_.Title -eq 'Windows XP Update Package, October 25, 2001'}).Decline()

 

参考

social.msdn.microsoft.com

また、SCCMのソフトウェア更新ポイントで使用するWSUSも同様に、拒否にする運用が必要になります。

social.msdn.microsoft.com

【SCCM】[PowerShell] 重複したデバイスを出力する | Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)

f:id:takayuki-yoshida:20190421222641p:plain

 

はじめに

PCの再セットアップなどで、SCCM上で同じデバイスが複数表示されてしまう場合があります。そこで、PowerShellを使用して複数登録されてしまったデバイスを表示する方法を紹介します。

 

PowerShellコマンド

 

SCCMコンソールからPowerShellで接続して、以下のコマンドを入力します

PS> Get-CMDevice | Group-Object Name -noelement | where {$_.count -ge 2}

 

結果

コンピュータ名ごとにカウントして、2台以上ある結果を表示します

Count Name
------ ------
      2 computername

こちらの結果を見て、SCCMコンソールからデバイスを検索し、古い方のデバイスを削除するなどで活用できると思います。

 

<リンク集>Adobe Flash Player サポート終了でシステム管理者が見るサイトまとめ

 

はじめに

Adobe Flash Playerが2020年12月31日でサポート終了となり、2021年1月12日以降Flashコンテンツの実行がブロックされるとアナウンスされています。システム管理者でアンインストール対応やどうしても継続利用するための対応など、参考になるリンクをまとめています。

www.adobe.com

 

リンク集

・@IT

Flash Playerが2020年末で終了!? どうすれば安全に再生できる?:Tech TIPS - @IT

 

・Adobe

Adobe Flash Player法人向けサポート終了

Adobe Flash Player Administration Guide for Flash Player | Adobe Developer Connection

 - Adobe Flash Player Administration Guide for Flash Player 32 (PDF, 980 KB)

※こちらのPDFのガイドに、EOL後にFlash Playerを表示させる方法が記載されています

Uninstall Flash Player for Windows

Flash Player Help

※使用しているブラウザでFlashPlayerが動作しているか確認できるサイト

 

・Microsoft

Adobe Flash Player のサポート終了に関する最新情報 - Windows Blog for Japan

Adobe Flash Player の削除の更新: 2020 年10月27日

Microsoft Update Catalog(Adobe FlashPlayerの削除)

 

・VMware

[TAM Blog] Adobe Flash サポート終了に伴う VMware 製品への影響と対策のポイント - VMware Japan Blog

 

・NTTデータ

Adobe Flash Player のサポート終了後も継続して利用するための手順例 – intra-mart Developer Site