MR2オーナー吉田貴幸のブログ

MR2(SW20)オーナー吉田貴幸のブログ。仕事はITインフラエンジニア。愛車の記事とIT関連の情報を発信しています

【Microsoft 365】[Power Automate] 2つの日時の差を計算する方法

PowerAutomate



 

はじめに

Microsoft 365 PowerAutomateではDateDiff関数がないため、計算式で2つの日付から日数または、時間(分、秒)を求める方法を紹介します。

 

計算方法は下記の通りです。

①Ticks関数で2つの日付をシリアル値に変換

②sub関数で2つの日付のシリアル値の差を求める

③div関数で②の計算結果を、日数や時間(分、秒)の単位の数値(※下記表)で除算

単位
日数 864000000000
時間 36000000000
600000000
10000000

※Ticks関数の1日のシリアル値は、 100 * 100 * 100 * 60 * 60 * 24 で求めることができます。

 

使用方法は、PowerAutomateのフロー内で使用したい項目の「式」に、それぞれの計算式を入力してください。

 

日数を求める計算式

日付1から日付2の日数を求める計算式

div(sub(ticks(日付1),ticks(日付2)),864000000000)

 

時間を求める計算式

日付1から日付2の差の時間を求める計算式

div(sub(ticks(日付1),ticks(日付2)),36000000000)

 

時間(分)を求める計算式

日付1から日付2の差の時間(分)を求める計算式

div(sub(ticks(日付1),ticks(日付2)),600000000)

 

時間(秒)を求める計算式

日付1から日付2の差の時間(秒)を求める計算式

div(sub(ticks(日付1),ticks(日付2)),10000000)

 

 

参考

tomriha.com

 

sympmarc.com

docs.microsoft.com

【Microsoft 365】[Powershell] Microsoft 365 ライセンス付与で特定のサービスのみを有効にする

 

はじめに

Microsoft 365のライセンス付与を行う際に特定のサービスのみを有効にするPowerShellコマンドの紹介です。ここでは Microsoft 365 Business Standard ライセンスを例に紹介します。

 

MSOnlineモジュールインストール(初回のみ)

PowerShellを右クリックして「管理者として実行」をクリックします。管理者でPowerShellが起動したら、以下のコマンドでモジュールをインストールします。

PS> Install-Module MSOnline

※信頼されていないリポジトリ・・・のメッセージが表示されたら"Y"を選択してください

 

PowerShellでMicrosoft 365 へ接続する

PowerShellを起動し下記のコマンドで365へ接続します

PS> $Cred = Get-Credential
PS> Connect-MsolService -Credential $Cred

※1行目のGet-Credentialを実行後に認証画面が表示されます。管理者権限を持つユーザーIDとパスワードを入力します。

f:id:takayuki-yoshida:20220301222948p:plain

 

現在保有しているライセンスの Account Skuid を確認する

"Get-MsolAccountSku"コマンドで、現在保有しているライセンスのAccount Skuidを表示します。Account SkuidはPowerShellでライセンスの付与を行うために必要になります。

ここでは”Microsoft 365 Business Standard”を対象にしますので、"reseller-account:O365_BUSINESS_PREMIUM"がSkuidになります。

PS> Get-MsolAccountSku

AccountSkuId                ActiveUnits WarningUnits ConsumedUnits
------------                       ----------- ------------ -------------
reseller-account:WINDOWS_STORE           1000000     0            0
reseller-account:FLOW_FREE               10000       0            0
reseller-account:MCOEV                   1           0            1
reseller-account:SPB                     1           0            1
reseller-account:O365_BUSINESS_PREMIUM   2           0            2

こちらのサイトで、管理センターで表示されるライセンス名と上記のSkuidの紐づけが確認できます

docs.microsoft.com

 

サービスプランを確認する

サービスプランを表示して、有効/無効にするサービスプラン名を確認します。

ここでは”Microsoft 365 Business Standard”のサービスプランを表示しています。

PS> Get-MsolAccountSku | Where{$_.SKUPartNumber -eq "O365_BUSINESS_PREMIUM"} | Foreach{$_.ServiceStatus}

ServicePlan                     ProvisioningStatus
-----------                     ------------------
VIVA_LEARNING_SEEDED    Success
Nucleus                         Success
RMS_S_BASIC                  Success
POWER_VIRTUAL_AGENTS_O365_P2    Success
CDS_O365_P2               Success
PROJECT_O365_P2           Success
DYN365_CDS_O365_P2       Success
MICROSOFT_SEARCH          Success
WHITEBOARD_PLAN1         Success
MYANALYTICS_P2              Success
DYN365BC_MS_INVOICING   Success
KAIZALA_O365_P2            Success
STREAM_O365_SMB           Success
Deskless                        Success
BPOS_S_TODO_1              Success
MICROSOFTBOOKINGS        Success
FORMS_PLAN_E1              Success
FLOW_O365_P1               Success
POWERAPPS_O365_P1       Success
O365_SB_Relationship_Management Success
TEAMS1                         Success
PROJECTWORKMANAGEMENT Success
SWAY                            Success
INTUNE_O365                 Success
SHAREPOINTWAC             Success
OFFICE_BUSINESS            Success
YAMMER_ENTERPRISE        Success
EXCHANGE_S_STANDARD    Success
MCOSTANDARD                Success
SHAREPOINTSTANDARD      Success

 

特定のサービスプランのみを指定して、ライセンスを有効にする

無効にしたいサービスプランを指定して、ライセンスを割り当てます。

  • 割り当てるユーザーにはライセンスが割り当たっていない前提です。
  • ここでは、”Microsoft 365 Business Standard”のサービスプランの設定例です
  • ここでは、Teamsのライセンスプランのみを有効にする場合を例にして、"Teams1"をコメントアウトしています。

#”無効にするサービスプラン名”を指定します$disabledplans = New-Object System.Collections.Generic.List[string]$disabledplans.Add("VIVA_LEARNING_SEEDED")$disabledplans.Add("Nucleus")$disabledplans.Add("RMS_S_BASIC")$disabledplans.Add("POWER_VIRTUAL_AGENTS_O365_P2")
$disabledplans.Add("CDS_O365_P2")
$disabledplans.Add("PROJECT_O365_P2")
$disabledplans.Add("DYN365_CDS_O365_P2")
$disabledplans.Add("MICROSOFT_SEARCH")
$disabledplans.Add("WHITEBOARD_PLAN1")
$disabledplans.Add("MYANALYTICS_P2")
$disabledplans.Add("DYN365BC_MS_INVOICING")
$disabledplans.Add("KAIZALA_O365_P2")
$disabledplans.Add("STREAM_O365_SMB")
$disabledplans.Add("Deskless")
$disabledplans.Add("BPOS_S_TODO_1")
$disabledplans.Add("MICROSOFTBOOKINGS")
$disabledplans.Add("FORMS_PLAN_E1")
$disabledplans.Add("FLOW_O365_P1")
$disabledplans.Add("POWERAPPS_O365_P1")
$disabledplans.Add("O365_SB_Relationship_Management")
# $disabledplans.Add("TEAMS1")
$disabledplans.Add("PROJECTWORKMANAGEMENT")
$disabledplans.Add("SWAY")
$disabledplans.Add("INTUNE_O365")
$disabledplans.Add("SHAREPOINTWAC")
$disabledplans.Add("OFFICE_BUSINESS")
$disabledplans.Add("YAMMER_ENTERPRISE")
$disabledplans.Add("EXCHANGE_S_STANDARD")
$disabledplans.Add("MCOSTANDARD")
$disabledplans.Add("SHAREPOINTSTANDARD")
$licenses = New-MsolLicenseOptions -AccountSkuId "reseller-account:O365_BUSINESS_PREMIUM" -DisabledPlans $disabledplans

#サービスプランを指定してライセンスを有効にします
Set-MsolUserLicense -UserPrincipalName "対象ユーザー" -AddLicenses "reseller-account:O365_BUSINESS_PREMIUM" -LicenseOptions $licenses

既に”Microsoft 365 Business Standard”のライセンスを割り当て済みで、サービスプランのみ変更する場合は、最後のSet-MsolUserLicenseコマンドで-AddLicensesを指定せず、-LicenseOptionsのみ指定します

#ライセンス割り当て済みユーザーのサービスプランを変更します。
Set-MsolUserLicense
-UserPrincipalName "対象ユーザー" -LicenseOptions $licenses

 

参考

www.startpassion.life


【Windows】[Powershell] VPN接続時に特定の通信のみをVPN経由で通信させる(スプリットトンネル)

f:id:takayuki-yoshida:20190421223552p:plain

 

はじめに

VPN接続した際に、指定した宛先だけVPNへ通信させ、その他の通信はVPNを経由せず、直接インターネット接続ができるようにする”スプリットトンネル設定”を、PowerShellで設定する方法を紹介します。

すべての通信がVPNを経由してしまうことで、VPN接続先のインターネット回線に通信が集中してしまい帯域を圧迫してしまうなど問題があるときに、この設定を行うことで通信を分散させることができます。

この設定は、VPNを接続するWindows10のPCごとに設定を行います。

 

現在のVPN設定の確認

現在設定されているVPN設定を表示します。(コマンドの結果は例です)

  • 既にVPNの接続設定がされている前提です。スプリットトンネルを有効にするには先にVPN接続設定が完了している必要があります。
  • Nameは、VPN名でスプリットトンネルの設定時に使用します。
  • SplitTunnelingが、スプリットトンネルの設定が有効(True)、無効(False)の値です。

PS> get-vpnconnection

Name                  : VPN名
ServerAddress         : **********
AllUserConnection     : False
Guid                  : {CFEF7B63-0CF0-4753-B42D-38A3A084C477}
TunnelType            : L2tp
AuthenticationMethod  : {MsChapv2}
EncryptionLevel       : Optional
L2tpIPsecAuth         : Psk
UseWinlogonCredential : False
EapConfigXmlStream    :
ConnectionStatus      : Disconnected
RememberCredential    : True
SplitTunneling        : False
DnsSuffix             :
IdleDisconnectSeconds : 0

 

スプリットトンネルの有効化

VPN名を指定してスプリットトンネルを有効にします。

  • "VPN"は現在設定されているVPN名に合わせて変更してください
PS> set-vpnconnection -Name "VPN" -SplitTunneling $true

 

VPNを経由する通信を指定する

VPN経由で通信したい宛先をしています。

  • ここではプライベートアドレス「10.0.0.0/8、172.16.0.0/12、192.168.0.0/16」はVPN経由となる設定を例とします。
  • "VPN"は現在設定されているVPN名に合わせて変更してください
PS> Add-VpnConnectionRoute "VPN" -DestinationPrefix "10.0.0.0/8" -PassThru
PS> Add-VpnConnectionRoute "VPN" -DestinationPrefix "172.16.0.0/12" -PassThru
PS> Add-VpnConnectionRoute "VPN" -DestinationPrefix "192.168.0.0/16" -PassThru

 

VPNスプリットトンネルの無効化、経路の削除

もし、スプリットトンネルの無効化、通信系を設定を削除したい場合は、以下のコマンドで削除できます

  • "VPN"は現在設定されているVPN名に合わせて変更してください

PS> #スプリットトンネルの無効化PS> set-vpnconnection -Name "VPN" -SplitTunneling $false


PS> #経路削除PS> Remove-VpnConnectionRoute "VPN" -DestinationPrefix "10.0.0.0/8" -PassThruPS> Remove-VpnConnectionRoute "VPN" -DestinationPrefix "172.16.0.0/12" -PassThruPS> Remove-VpnConnectionRoute "VPN" -DestinationPrefix "192.168.0.0/16" -PassThru

 

参考

docs.microsoft.com

【Windows】[Powershell] パスワード生成ツール

f:id:takayuki-yoshida:20190421223552p:plain

 

はじめに

Powershellを使用してWindows標準機能のみでパスワードを生成するスクリプトを紹介します。インターネットに接続することなく、使用することができます。

 

以前掲載したこちらの記事をPowereshellスクリプトにしたものです。

www.startpassion.life

 

パスワード生成ツールの説明

パスワードの長さ8文字英数字以外の文字 (@、#、!、%、& など) を1個以上含むパスワードを生成します。

生成したパスワードをテキストファイルに出力します。ファイル名は pwdlist.txt です

 

パスワード生成ツールの作成

下記をコピーしてメモ帳に貼り付けて、デスクトップ上に保存してください。

 ファイル名:パスワード生成.ps1

#選択肢作成
$typename = "System.Management.Automation.Host.ChoiceDescription"
$yes = new-object $typename("&Yes","パスワードを表示する")
$no  = new-object $typename("&No","終了する")

$assembly= $yes.getType().AssemblyQualifiedName
$choice = new-object "System.Collections.ObjectModel.Collection``1[[$assembly]]"
$choice.add($yes)
$choice.add($no)

#ログ出力
Start-Transcript pwdlist.txt -append

write-host `n
write-host '###################################################################'
write-host '## 長さ8文字、英文字以外1文字以上を含むパスワードを5個生成します ##'
write-host '###################################################################'
write-host `n

Do {

    1..5 | ForEach-Object { Add-type -AssemblyName System.Web;[System.Web.Security.Membership]::GeneratePassword(8,1); start-sleep 1 }

    #選択プロンプトの表示
    $answer = $host.ui.PromptForChoice(">>","さらに5個表示しますか?",$choice,1)
    write-host `n
}
while ($answer -eq 0 )

#ログ停止
Stop-Transcript

 

パスワード生成ツールの実行方法

・デスクトップに保存した「パスワード生成ツール.ps1」を右クリックして、powershellで実行をクリックします。

・実行するとパスワードが5個表示されます。Yを応答するとさらに5個表示します。終了する場合はEnterキーを押します

f:id:takayuki-yoshida:20220129172913p:plain

 

デスクトップ上にpwdlist.txtが作成され、画面に表示されたパスワードが記録されています。

f:id:takayuki-yoshida:20220129173106p:plain

以上です

 

参考

ここで紹介した「パスワード生成.ps1」ファイルをZIPにしてDropboxに掲載しています。ダウンロードしてご利用ください。

www.dropbox.com

 

また、Powershellはこちらの記事を参考にして作成しました。非常にわかりやすい記事で大変参考になりました。newpops.hatenadiary.org

Microsoft Endpoint Configuration Manager (MECM) をインストールする

f:id:takayuki-yoshida:20210815024354p:plain

 

 

はじめに

Microsoft Endpoint Configuration Manager(旧SCCM)の評価版を使用してインストールする方法を紹介します。なお、試験/評価環境で構築することを想定していますので、設定などは必要最低限の内容となっております。また、Windows、SQL Server、MECMはすべて評価版を使用します。
 

インストーラーのダウンロード

下記のファイルをすべてダウンロードします。

  • WindowsServer2019評価版

   Microsoft Evaluation Center の Windows Server 試用版

  • SQL Server 2019評価版

   Microsoft Evaluation Center の SQL Server 試用版

  • Microsoft Endpoint Configuration Manager (Current Branch)評価版

   Microsoft Evaluation Center で Microsoft Endpoint Configuration Manager (Technical Preview) を試す

  • Microsoft SQL Server 2019 Reporting Services

   Download Microsoft SQL Server 2019 Reporting Services from Official Microsoft Download Center

  • SQL Server Management Studio (SSMS)

   SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロード - SQL Server Management Studio (SSMS) | Microsoft Docs

   ※日本語版のインストールファイルをダウンロードします。

  • Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK)

   Windows ADK のダウンロードとインストール | Microsoft Docs

   ※「Windows ADK for Windows 10、バージョン 2004 のダウンロード」を使用します

  • ADK 用の Windows PE アドオン

   Windows ADK のダウンロードとインストール | Microsoft Docs

   ※「Windows PE アドオン (ADK 用)、バージョン 2004 のダウンロード」を使用します

 

作業前提

以下の環境構築が完了している前提で、手順を作成しています。

  • WindowsServer2019のインストールが完了していること
  • ActiveDirectoryドメインサービスのセットアップが完了していること
  • 評価版インストーラーのダウンロードが完了していること
  • MECMサーバーのドメイン参加(メンバーサーバー)が完了していること

 

ドメインコントローラーでの設定

System Management コンテナの作成

ドメインコントローラーにAdministratorでログインして、「スタート」メニュー-「Windows管理ツール」-「ADSIエディター」を開きます。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015144p:plain

ADSIエディターを右クリックして、接続をクリックします。次に「ドメインまたはサーバーを選択または入力する」を選択して、ドメイン名を入力し、「OK」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015250p:plain

既定の名前付けコンテキストを展開して、「CN=System」を右クリックし「新規作成」-「オブジェクト」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015302p:plain

「container」を選択して次へをクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015320p:plain

値に「System Management」と入力して「次へ」をクリックします。

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815015340p:plain

「完了」をクリックします。

 

System Management コンテナのセキュリティ アクセス許可の設定

「CN=System Management」を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815015509p:plain

「セキュリティ」タブをクリックして、追加をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015526p:plain

「オブジェクトの種類」をクリックして、「コンピュータ」を選択し、オブジェクト名の入力にMECMサーバーのコンピュータ名を入力して、「名前の確認」をクリックし、次に「OK」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015543p:plain

MECMのコンピュータ名を選択して、「フルコントロール」にチェックを入れます。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015558p:plain

「詳細設定」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210815015610p:plain

MECMのコンピュータ名を選択して「編集」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015625p:plain

「適用先」を「このオブジェクトのみ」から「このオブジェクトとすべての子オブジェクト」に変更して「OK」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015637p:plain

「OK」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815015714p:plain

 

MECMサーバーでの設定

インストールファイルの解凍

MECMサーバーにドメインAdministratorでログインします。

「MEM_Configmgr_2103.exe」を実行します

f:id:takayuki-yoshida:20210815020041p:plain

解凍先に任意の場所(例:C:\temp\・・・など)を選択して、「Unzip」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210815020054p:plain

「OK」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210815020114p:plain

 

ActiveDirectoryスキーマ拡張

「スタート」メニュー「Windows管理ツール」-「コマンドプロンプト」を右クリックし、管理者として実行をクリックします。

 f:id:takayuki-yoshida:20210815020212p:plain

次のコマンドを実行します。

cd c:\temp\MEM_Configmgr_2103\SMSSETUP\BIN\X64\

extadsch.exe

f:id:takayuki-yoshida:20210815020231p:plain

「Successfully extended the Active Directory schema.」が表示されれば完了です。

 f:id:takayuki-yoshida:20210815020249p:plain

 

.NET / IISの役割と機能の追加

「スタート」メニューから「サーバーマネージャー」を起動します

f:id:takayuki-yoshida:20210815020416p:plain

「管理」メニュー「役割と機能の追加」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210815020427p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020440p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020450p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020507p:plain

「Webサーバー(IIS)」にチェックを入れます。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020520p:plain

「機能の追加」をクリックし、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020532p:plain

以下の機能にチェックを入れます。

  • .NetFramework3.5 Features-.NetFramework3.5(.NET2.0および3.0を含む)
  • .NetFramework3.5 Features-HTTPアクティブ化
  • .NetFramework4.7 Features- ASP.NET4.7

f:id:takayuki-yoshida:20210815020546p:plain

「次へ」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210815020600p:plain

以下の機能にチェックを入れます。

  • HTTP共通機能-HTTPリダイレクト
  • HTTP共通機能-WebDAV発行
  • セキュリティ-Windows認証

 f:id:takayuki-yoshida:20210815020628p:plain

以下の機能にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

  • 管理ツール-IIS6管理互換-IIS6スクリプトツール
  • -IIS6管理コンソール

f:id:takayuki-yoshida:20210815020656p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020710p:plain

インストールが完了したら、「閉じる」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020722p:plain

 

BITS、RDC の役割と機能の追加

サーバーマネージャーの「管理」メニュー「役割と機能の追加」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210815020901p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020920p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020932p:plain

「次へ」をクリックします。

 f:id:takayuki-yoshida:20210815020942p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815020957p:plain

以下の機能にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

  • RDC(Remote Differential Compression)
  • バックグラウンドインテリジェント転送サービス(BITS)

f:id:takayuki-yoshida:20210815021124p:plain

f:id:takayuki-yoshida:20210815021134p:plain

「機能の追加」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021148p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021201p:plain

インストールが完了したら「閉じる」をクリックします。

 

SQLServerインストール

「SQLServer2019-SSEI-Eval.exe」を実行します。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021325p:plain

「メディアのダウンロード」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021341p:plain

「ダウンロード」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021358p:plain

「閉じる」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021411p:plain

「はい」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021423p:plain

ダウンロードしたファイルを右クリックして、「マウント」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021449p:plain

「setup.exe」を右クリックして、「管理者として実行」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021504p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021518p:plain

「SQLServerの新規スタンドアロンインストールを実行・・・」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021532p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021543p:plain

「ライセンス条項と次に同意します」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021602p:plain

「MicrosoftUpdate・・・」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021615p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021626p:plain

「データベースエンジンサービス」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021640p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021651p:plain

SQLServerデータベースエンジンのアカウント名をドメインユーザーに変更して、「照合順序」タブをクリックします。

※画面はアカウント名がローカルになっていますので、ドメインユーザーに変更してください。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021704p:plain

「カスタマイズ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021749p:plain

「SQL参照順序」をクリックし、「SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS」を選択して「OK」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021800p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021811p:plain

「Windows認証モード」を選択して、「現在のユーザーの追加」をクリックし、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021824p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021835p:plain

「閉じる」をクリックします

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815021844p:plain

 

Microsoft SQL Server 2019 Reporting Servicesインストール

「SQLServerReportingServices.exe」右クリックして、「管理者として実行」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815021957p:plain

「Reporting Servicesのインストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022008p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022019p:plain

「ライセンス条項に同意する」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022030p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022046p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022235p:plain

「閉じる」をクリックします。

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815022248p:plain

 

SQL Server Management Studio (SSMS) のインストール

「SSMS-Setup-JPN.exe」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022408p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022418p:plain

「閉じる」をクリックします。

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815022429p:plain

 

WSUSインストール

サーバーマネージャーの「管理」メニュー「役割と機能の追加」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022518p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022529p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022540p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022551p:plain

「Windows Server Update Services」にチェックを入れます。

 f:id:takayuki-yoshida:20210815022602p:plain

「機能の追加」をクリックして、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022624p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022635p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022644p:plain

「WID Connectivity」のチェックを外し、「SQL Server Connectivity」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022658p:plain

パスを入力して、「次へ」をクリックします。

(例:c:\wsus)

f:id:takayuki-yoshida:20210815022712p:plain

サーバー名を入力して、「接続を確認する」ボタンをクリックします。[サーバーに正常に接続しました]と表示されたら、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022730p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022743p:plain

「閉じる」をクリックします。

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815022755p:plain

 

Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK)のインストール

「adksetup.exe」ファイルを右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023003p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023026p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023044p:plain

「同意する」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023056p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023109p:plain

インストール完了までしばらく待ちます。

「閉じる」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023128p:plain

 

ADK 用の Windows PE アドオンのインストール

「adkwinpesetup.exe」ファイルを右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022841p:plain

「Next」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022850p:plain

「Next」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022902p:plain

「Accept」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022913p:plain

「Install」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815022924p:plain

インストール完了までしばらく待ちます。

「Close」をクリックします。

 

f:id:takayuki-yoshida:20210815023247p:plain

 

Configuration Manager のインストール

「Splash.hta」ファイルを実行します。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023343p:plain

「インストール」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023353p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023404p:plain

「標準インストールオプションを使用して・・・」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023414p:plain

「はい」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023423p:plain

「この製品の評価版をインストールする」を選択して「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023434p:plain

すべてチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023445p:plain

パスを入力して、「次へ」をクリックします。

※事前にフォルダを作成してください。

(例:C:\temp\MEM_Configmgr_2103\Install)

f:id:takayuki-yoshida:20210815023456p:plain

ダウンロードが完了するまでしばらく待ちます。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023516p:plain

「サイトコード」、「サイト名」を入力して、「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023525p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023536p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023546p:plain

「次へ」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023556p:plain

「インストールの開始」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023606p:plain

「閉じる」をクリックします。

f:id:takayuki-yoshida:20210815023619p:plain

以上でインストール完了です。 

 

参考リンク

  • Configuration Manager のサポートされている SQL Server バージョン

docs.microsoft.com

  •  Configuration Manager ラボの設定

docs.microsoft.com

  • Japan System Center Support Team Blog

docs.microsoft.com

  • Microsoft Endpoint Configuration Manager のドキュメント

docs.microsoft.com

【Windows】グループポリシーの一覧をExcel形式で入手する

 f:id:takayuki-yoshida:20190421223552p:plain

 

はじめに

Windows 10 や Windows Serverの「グループポリシー(GPO)」の一覧がExcel形式で マイクロソフトのサイトに公開されていますので、ご紹介します。

この資料で、Windowsのバージョン毎に追加されたグループポリシーの内容が確認でき、また、ポリシーに応じたレジストリ情報も掲載されていますので、システム管理者の方に役立つ情報だと思います。

  

ダウンロードリンク

下記のリンクからExcel形式でダウンロードできます。※英語版のみ

Group Policy Settings Reference Spreadsheet for Windows 10 May 2021 Update (21H1)

www.microsoft.com

 

 Group Policy Settings Reference Spreadsheet for Windows 10 October 2020 Update (20H2)

www.microsoft.com

 

参考

バージョンごとにExcelファイルが公開されているようなので、上記リンクより新しいファイルを入手したい場合は、マイクロソフトのサイトで「Group Policy Settings Reference」をキーワードで検索してみてください。

https://www.microsoft.com/en-us/search?q=Group+Policy+Settings+Reference

 

【Windows】タスクバーの 天気 を グループポリシー で非表示にする

 f:id:takayuki-yoshida:20190421223552p:plain

 

はじめに

Windows10 の更新プログラムで追加された、タスクバーに天気が表示される機能を、グループポリシーで非表示にする方法を紹介します。

ここでは、ローカルグルーポリシーを使用した設定方法を紹介しますので、ActiveDirectoryのグループポリシーを使用する場合は、管理用テンプレートを更新して、設定してください。

 

グループポリシーエディタを開く

管理者権限を持つユーザーでログイン後、「スタート」メニューを右クリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210617110049p:plain

「 gpedit.msc 」と入力してEnterキーを押します

f:id:takayuki-yoshida:20210617110220p:plain

 

グループポリシーを設定する

「コンピュータの構成」-「管理用テンプレート」-「Windowsコンポーネント」を開きます

f:id:takayuki-yoshida:20210617114311p:plain

 

「ニュースと関心事項」を選択して、「タスク バーのニュースと関心事項を有効にする」を開きます

f:id:takayuki-yoshida:20210617114432p:plain

「無効」を選択して、OKをクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20210617114545p:plain


グルーポリシーエディタを終了します。再起動後に有効になります。

以上です。

 

参考

Windows更新プログラム KB5001391

support.microsoft.com

 

Windows10グループポリシー管理用テンプレート

docs.microsoft.com