MR2オーナー吉田貴幸のブログ

MR2(SW20)オーナー吉田貴幸のブログ。仕事はITインフラエンジニア。愛車の記事とIT関連の情報を発信しています

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

【Windows】Windows Update をコマンドで実行する(USOClient.exe コマンド)

f:id:takayuki-yoshida:20190421223552p:plain

はじめに

Windows 10 や Windows Server 2016 , 2019では、Windowsアップデートのコマンド「Wuauclt.exe /detectnow」(更新のスキャン)が廃止され、PowerShellもしくはVBScriptから実行が代替えとして提供されています。

docs.microsoft.com

Windows Update

Wuauclt.exe/detectnow コマンドは廃止され、サポートが終了しました。 更新のスキャンをトリガーするには、次のいずれかの操作を行います。

  • 以下の PowerShell コマンドを実行する。

    $AutoUpdates = New-Object -ComObject "Microsoft.Update.AutoUpdate"
    $AutoUpdates.DetectNow()
    
  • 代わりに、以下の VBScript を使用する。

    Set automaticUpdates = CreateObject("Microsoft.Update.AutoUpdate")
    automaticUpdates.DetectNow()

 

この代替えコマンドでもよいのですが、バッチファイルで作成したい場合は、PowerShell、VBScriptを組み合わせるので、複数のファイルに分かれてしまい、複雑になってしまいます。

そこで、今回紹介する 「USOClient.exe」コマンドで、WindowsUpdateを実行する方法を紹介します。

 

USOClient.exeの使い方

コマンドプロンプトを開き以下のコマンドを実行

usoclient [コマンドオプション] 

 

コマンドオプション

オプション 説明
StartScan  更新プログラムのチェック
StartDownload  更新プログラムのダウンロード
StartInstall 更新プログラムのインストール
※ScanInstallWaitの実行後に使用する
RefreshSettings WindowsUpdateの設定の反映
StartInteractiveScan ユーザーの入力を求めるダイアログ、進行状況またはエラーの表示
RestartDevice  デバイスの再起動(更新プログラムのインストールの完了)
※Windows 10 バージョン1803(以降)では何も表示されないようです
ScanInstallWait 更新のスキャン及びダウンロード
※インストールは実行されないようです
ResumeUpdate 起動時に更新インストールを再開する

 

コマンドの例

更新のスキャン

usoclient StartScan

 

更新のスキャンとダウンロード

usoclient StartScan

 

インストール

usoclient StartInstall

 

参考

www.urtech.ca

omgdebugging.com

social.technet.microsoft.com