MR2オーナー吉田貴幸のブログ

MR2(SW20)オーナー吉田貴幸のブログ。仕事はITインフラエンジニア。愛車の記事とIT関連の情報を発信しています

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

【AWS】Amazon Connect で、時間内のみ受け付ける電話を作成する

f:id:takayuki-yoshida:20200210153800p:plain

 

はじめに 

Amazon Connectを使い、平日9時から17時までを着信させ、それ以外はガイダンスを流して切断する電話の作り方です。着信時は、ソフトフォンは使用せず、携帯電話などの特定の電話番号に転送します。

 

今までは、自動応答装置を設置して、ガイダンスを録音し、スケジュール設定を行っていたものが、Amazon Connect を使うと、慣れれば15分程度の作業で作成できます。

地域の番号でも、転送サービスと組み合わせて、Amazon Connectへ転送するようにすれば、地域の番号でも応答が出来るようになります。

 

Amazon Connectインスタンスの作成

AWSマネージメントコンソールから「Amazon Connect」を検索し、Amazon Connectへアクセスします。

f:id:takayuki-yoshida:20200210155737p:plain

https://ap-northeast-1.console.aws.amazon.com/connect/home?region=ap-northeast-1

 

以下のいづれかで作成を開始します

・「今すぐ始める」

・「インスタンスを追加する」

f:id:takayuki-yoshida:20200210160139p:plain

 

Amazon Connectリソースの設定

ステップ 1: ID 管理

「アクセスURL」を入力し「次のステップ」をクリック

f:id:takayuki-yoshida:20200210160249p:plain

ステップ 2: 管理者

管理者情報を入力して「次のステップ」をクリック

f:id:takayuki-yoshida:20200210160408p:plain

ステップ 3: テレフォニーオプション

そのまま「次のステップ」をクリック

f:id:takayuki-yoshida:20200210160851p:plain

ステップ 4: データストレージ

そのまま「次のステップ」をクリック

f:id:takayuki-yoshida:20200210160945p:plain

ステップ 5: レビューと作成

「インスタンスの作成」をクリック

※1-2分程度作成に時間がかかります

f:id:takayuki-yoshida:20200210161045p:plain


電話番号の取得

050の電話番号を取得します。

ルーティングメニューの「電話番号」をクリック

f:id:takayuki-yoshida:20200210161212p:plain

「電話番号の取得」をクリック

f:id:takayuki-yoshida:20200210173348p:plain



「DID(直通ダイヤル)」を選択し、国/地域を「Japan +81」を選択、表示された電話番号を選択します

f:id:takayuki-yoshida:20200210161456p:plain

任意で説明欄に用途などを入力して、「保存」をクリック

※問い合わせ/IVRは現時点では選択しない

f:id:takayuki-yoshida:20200210161711p:plain

 

オペレーション時間の設定

時間内、時間外を定義するため、オペレーション時間を設定します

ルーティングメニューから「オペレーション時間」をクリック

f:id:takayuki-yoshida:20200210161903p:plain

「新しい時間の追加」をクリックし、下記を入力後、「保存」をクリックします。

・「名前」

・タイムゾーンを「Japan」を選択

・「土曜日」「日曜日」にチェックを入れ、「削除」をクリックします。

※月曜日~金曜日 9:00AM~5:00PMのみになっていることを確認します。

f:id:takayuki-yoshida:20200210173537p:plain

 

問い合わせフローの作成

・ルーティングメニュー「問い合わせフロー」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20200210162821p:plain

・「問い合わせフローの作成」をクリックします

音声の設定

・「設定」内の「音声の設定」をドラッグし、エントリポイントの右側へドラッグします。

・続いて、エントリポイントの開始の右の〇から音声の設定を矢印(→)で接続します。

f:id:takayuki-yoshida:20200210163007p:plain

・上記でドラッグした「音声の設定」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20200210163315p:plain

・言語「日本語」を選択し、音声はお好きな方を選択してください。

 ※ガイダンス応答の声になります

  Takumi→男性の声

  Mizuki→女性の声

f:id:takayuki-yoshida:20200210163251p:plain

ウェルカムガイダンスの設定

・「操作」内の「プロンプトの再生」をドラッグして、音声の設定の右側にドラッグします。

・音声の設定の成功からプロンプトの再生を矢印(→)で接続します。

f:id:takayuki-yoshida:20200210163553p:plain

・「プロンプトの再生」をクリックし、「テキスト読み上げまたはチャットテキスト」を選択して、「テキストの入力」にメッセージを入力します。

・解釈する「テキスト」を選択して「Save」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20200210163731p:plain

オペレーション時間の判定

・「ブランチ」内の「オペレーション時間を確認する」をドラッグし、プロンプトの再生の右側にドラッグします。

・プロンプトの再生の成功から、オペレーション時間を確認するを矢印(→)で接続します。

f:id:takayuki-yoshida:20200210164201p:plain

・「オペレーション時間を」確認するをクリックし、先ほど作成したオペレーション時間を選択して「Save」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20200210164617p:plain

 

 

時間内、時間外応答ガイダンスの設定

・「操作」内の「プロンプトの再生」を2つ、オペレーション時間を確認するの右側にドラッグします。

・オペレーション時間を確認するの「時間内」とプロンプトの再生の上側を矢印(→)で接続します

・オペレーション時間を確認するの「時間外」とプロンプトの再生の下側を矢印(→)で接続します

 ※エラーは後ほど設定します

f:id:takayuki-yoshida:20200210164804p:plain

・プロンプトの再生(上側)をクリックします

・ 「テキスト読み上げまたはチャットテキスト」を選択し「テキストの入力」に時間内の場合のガイダンスメッセージを入力し、「Save」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20200210165333p:plain

・プロンプトの再生(下側)をクリックします

・ 「テキスト読み上げまたはチャットテキスト」を選択し「テキストの入力」に時間

外の場合のガイダンスメッセージを入力し、「Save」をクリックします

 

f:id:takayuki-yoshida:20200210165545p:plain

電話着信(転送)の設定

・「終了/転送」内の「電話番号への転送」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20200210165752p:plain

・「電話番号」を選択し、国コード「Japan +81」を選択し、電話番号に着信先(転送先)の電話番号を入力します。

・切断後に問い合わせフローを再開を「はい」を選択し、「Save」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20200210165914p:plain

着信(転送)失敗時の応答メッセージの設定

・「操作」内の「プロンプトの再生」を電話番号への転送の右側へドラッグします。

・電話番号への転送の「呼び出し失敗」「タイムアウト」「エラー」をそれぞれ、プロンプトの再生に矢印(→)を接続します

f:id:takayuki-yoshida:20200210170356p:plain

・「プロンプトの再生」をクリックし、「テキスト読み上げまたはチャットテキスト」を選択、「テキストの入力」に着信できなかった時の応答メッセージを入力します。

・「Save」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20200210170648p:plain

電話の切断

成功時、エラー/失敗時の最終処理は電話の切断を行います。

・「終了/転送」内の「切断/ハングアップ」をプロンプトの再生の右側へドロップします。

・プロンプトの再生のOKと切断/ハングアップを矢印(→)で接続します。

f:id:takayuki-yoshida:20200210170941p:plain

・「切断/ハングアップ」へ、以下を接続します。

 「オペレーション時間を確認する」の「エラー」

 「オペレーション時間を確認する」の時間外に接続された「プロンプトの再生」

 「電話番号への転送」の「成功」
 

保存と公開

・問い合わせフローの右上にある「保存」をクリックし、「公開」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20200210171809p:plain

・「公開」をクリック

f:id:takayuki-yoshida:20200210171902p:plain

(参考)問い合わせフロー全体

完成するとこのような問い合わせフローになります。

f:id:takayuki-yoshida:20200210172640p:plain

 

電話番号と問い合わせフローの紐づけ設定

最後に電話番号に問い合わせフローを接続します。

・ルーティングメニューの「電話番号」をクリック

f:id:takayuki-yoshida:20200210161212p:plain

・電話番号のリンクをクリックします

・続いて「問い合わせフロー/IVR」を咲くほど作成した問い合わせフローを選択し、「保存」をクリックします

f:id:takayuki-yoshida:20200210172403p:plain

以上で完了です。 

 

参考記事

www.slideshare.net

 

[Amazon Connect] 着信した時間によって処理を分岐する 〜営業時間外は、丁重にお断りして電話を切る感じ〜 | Developers.IO